自家焙煎


 

珈琲は煎りたてが一番と言うことで珈琲の焙煎をはじめた。最初は手焙煎、フライパン型の網に生豆を入れてコンロの上で網を振る。薄皮が剥がれ徐々に豆が色づく、手焙煎は豆の変化がよくわかる。パチパチと豆がはぜ、緊張の瞬間が近づく。「よしッ」火を止め、焼き上がった豆をうちわで扇いで一気に冷やす。焼きたての豆を挽くと珈琲の香りが部屋いっぱいに広がった。・・・そうだ「珈琲香房」にしよう・・・

 

山が色づき始めた頃、大きな木箱が届いた。中身は富士珈機の焙煎機だ。調理器具と言うよりレトロなマシーンといった感じだ。何時も煎りたての珈琲を味わってもらうため、小回りのきく1キロ釜を選んだ。

http://homepage3.nifty.com/cafe-hitoha/roast.files/image002.jpg

http://homepage3.nifty.com/cafe-hitoha/roast.files/image003.jpg

生豆は小粒のピーナッツを半分に割った感じだ。焙煎の前に不良な豆を取り除く。変色したものや変形したもの時には小石が混ざっていたりする。面倒な作業だが集中していると中南米やアフリカに心を遊ばせることができる。

http://homepage3.nifty.com/cafe-hitoha/roast.files/image004.jpg

http://homepage3.nifty.com/cafe-hitoha/roast.files/image005.jpg

スイッチを入れるとモーターが駆動し、シリンダーがうなりをあげて回転する。ガスのコックを開けて点火、火種が飛びバナーに炎が立ち並ぶ。十分に窯が熱せられたら生豆を投入、豆が窯の中でシャカシャカとリズムをきざむ。

http://homepage3.nifty.com/cafe-hitoha/roast.files/image006.jpg

http://homepage3.nifty.com/cafe-hitoha/roast.files/image007.jpg

焙煎機の操作は火力と換気の調整だけ、目安は窯の温度と焼き時間。釜の中の豆がパチパチと騒ぎだし、芳ばしい香りを放つ。焼き上がりは何度も練習した手焙煎をイメージする。釜のふたを開けると熱気とともに焼き上がった豆が飛び出す。

http://homepage3.nifty.com/cafe-hitoha/roast.files/image008.jpg

http://homepage3.nifty.com/cafe-hitoha/roast.files/image009.jpg

冷却器で冷やした後、焦げた豆や、焼きの甘い豆、残った豆の皮を取り除く。丁寧な仕事が雑味を減らす。美味しい珈琲とは、答えを求めて飲み歩きいろいろと悩んだ。そして最後は開き直った自分が美味しいと感じればそれでいい。 

http://homepage3.nifty.com/cafe-hitoha/roast.files/image010.jpg

http://homepage3.nifty.com/cafe-hitoha/roast.files/image011.jpg


TOP