ログハウス


 

丸太小屋を夢見て20数年、とうとうこの時がきた。ログハウスが似合う緑に囲まれた広い土地を探し求めて、実家の町から北へ約1時間の山里にたどり着いた。田舎で暮らすのなら自分で何かを始めたい、それなら大好きな珈琲をと言うことでハンドカットログハウスの珈琲屋に決定。敷地約1000坪の土地に建坪約80uの店舗兼用住宅を建てることとなった。

 

基礎は山の湿気を考慮してベタ基礎にした。ログ材はカナダで加工、設計から待つこと半年、大型トレーラ2台が現地に到着した。

http://homepage3.nifty.com/cafe-hitoha/loghouse.files/image002.jpg

http://homepage3.nifty.com/cafe-hitoha/loghouse.files/image003.jpg

http://homepage3.nifty.com/cafe-hitoha/loghouse.files/image004.jpg

敷地にログが並べられる。サルドノッチが刻まれたダグラスファーの平均径は30p、田の字型に9段積み上げられた。

http://homepage3.nifty.com/cafe-hitoha/loghouse.files/image005.jpg

http://homepage3.nifty.com/cafe-hitoha/loghouse.files/image006.jpg

http://homepage3.nifty.com/cafe-hitoha/loghouse.files/image007.jpg

屋根はレッドシダーウッドシェイク、ロフト部屋は幅4mのドーマで広さを確保、窓はマービンの木製ペアーガラスだ。

http://homepage3.nifty.com/cafe-hitoha/loghouse.files/image008.jpg

http://homepage3.nifty.com/cafe-hitoha/loghouse.files/image009.jpg

http://homepage3.nifty.com/cafe-hitoha/loghouse.files/image010.jpg

出来ることは自分たちで、ログやフローリングのペンキ塗り、3×8mのデッキ造り、2階のテラスも自作だ。

http://homepage3.nifty.com/cafe-hitoha/loghouse.files/image011.jpg

http://homepage3.nifty.com/cafe-hitoha/loghouse.files/image012.jpg

http://homepage3.nifty.com/cafe-hitoha/loghouse.files/image013.jpg

店のドアを開けると左手に薪ストーブとデッキに通じるドア、右手に男女別に二つのトイレ、アーチカットをくぐると右手にレジとイエローシダーのカウンター、左にダグラスファー厚さ10pのテーブルが三つ並ぶ、見上げれば吹き抜けの空間が広がりシーリングファンが静かに回る。

http://homepage3.nifty.com/cafe-hitoha/loghouse.files/image014.jpg

http://homepage3.nifty.com/cafe-hitoha/loghouse.files/image015.jpg

http://homepage3.nifty.com/cafe-hitoha/loghouse.files/image016.jpg

http://homepage3.nifty.com/cafe-hitoha/loghouse.files/image017.jpg

http://homepage3.nifty.com/cafe-hitoha/loghouse.files/image018.jpg

http://homepage3.nifty.com/cafe-hitoha/loghouse.files/image019.jpg

やっとたどり着いた田舎暮らし、生活は決して楽ではない。でも春夏秋冬いつでも丸太小屋が優しく包んでくれる。

http://homepage3.nifty.com/cafe-hitoha/loghouse.files/image020.jpg

http://homepage3.nifty.com/cafe-hitoha/loghouse.files/image021.jpg

http://homepage3.nifty.com/cafe-hitoha/loghouse.files/image022.jpg


TOP